ABOUT

運営について

理念

レッドスターベースボールクラブは「文両道」の理念のもと、五訓を合言葉とし、将来野球を続けて行く上での基礎となる技術力・精神力をよりよい環境のもと指導いたします。

運営について

活動拠点・活動日

  • 平日:ほっともっとフィールド神戸室内練習場
    (原則木曜日:プロ野球開催日、祝日のある週は除く)

  • 土日祝:レッドスター専用球場
    (奈良県山添村 大阪市内より車で約1時間)

    使用球場はこちらからご確認いただけます。

  • 年間活動日(予定):150日
    • 土、日、祝、平日、その他球団指定日含む

選手送迎

チーム専用バス3台を保有し、練習・試合会場までプロドライバーによる安全・安心な運転で送迎します。

  • 平日、他球団指定日は除く

詳しくはこちらをご確認ください

現在のバス乗車集合(解散)場所は
JR大阪駅・JR三国ヶ丘駅・JR王寺駅です。

  • 平日、他球団指定日は除く

× 閉じる

マネージャー制

当チームはマネージャー制をひいております。

保護者様によるお茶当番等のご負担はございません。

詳しくはこちらをご確認ください

当球団はマネージャー制を取り入れておりますので、女性保護者によるお茶当番等のご協力をお願いをすることはありません。
年に数回(卒団式等)で協力をお願いする事があります。男性の保護者については、審判の協力をお願いしております(審判講習会あり)

× 閉じる

学業管理

当球団では、「学業をおろそかにしない」という五訓の下、各中学校での成績を球団独自の手法で管理、指導を行います。
詳しくはこちらをご確認ください

各学期末に選手は通知表を球団に提出し、中学3年間の成績を球団が管理します。
成績が著しく悪い(通知表に1がつくなど)選手は次回学期末で改善されるまで、試合への出場を禁止するなど、勉強と野球の両立=「文球両道」の大切さを指導しております。

× 閉じる

コンディショニング管理とケア

当球団では、トレーニングコーチ管理の下、選手のコンディショニングをスタッフ全員で共有するとともに
ケガ、故障選手の保護者に向けて現況をメールにてお知らせしています。

団費

入団金
30,000(初年度のみ)
団費
年間 384,000(バス、移動費含む)

  • 遠征費等は、球団が負担いたしますので、団費以外に別途徴収することは原則ありません。
    (但し、宿泊を伴う遠征については宿泊費のみ徴収させていただきます。昨年実績:約10,000円)
納付
<年間2回払い>
3月末 192,000(保険) 9月末 192,000

支払方法については、分割支払いも必要に応じて、相談に応じます。
兄弟が同時に在籍されている場合は、割引いたします。
(各ご家庭事情に応じて柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。)

 

遠征費用は球団が負担致します。
一般的には、部費(団費)と共に、遠征費や父兄会費、ドリンク代等の雑費などを含めると年間40~50万円近くかかるところもあります。(下記グラフ参照)
レッドスターでは、これらの多くを球団が負担することにより保護者の支出を抑えています。
(但し、宿泊を伴う遠征に関しましては、別途徴収させていただきます)

× 閉じる

団費バックアップ制度

2018年度より団費バックアップ制度を導入し夢を追う選手を球団として全力でバックアップいたします。

【団費バックアップ制度】詳細はこちら

お問い合わせ先

所在地 特定非営利活動法人
レッドスター ベースボールクラブ事務局
〒659-0065
芦屋市公光町10-10 B.Block N-3 (株式会社オフィスS.I.C内)
TEL 0797-23-7177 (平日10:00~18:00)
FAX 0797-23-7178
E-Mail npo@rsbbc.com

株式会社阪神タイガース様にご協力をいただいております。

球団のご厚意によるキャンプ見学・RSBBC主催甲子園カップの開催


オリックス野球クラブ株式会社様にご協力をいただいております。

ほっともっとフィールド神戸|レッドスターベースボールクラブカップ使用+平日練習使用

トライアウト募集中
ZETT
miki house
S.I.C Office